PCクラスタコンソーシアム

設立20周年を迎えたPCクラスタコンソーシアム(PCCC)は、
PCサーバ技術を基にしたHPCクラスタの構築・利用技術、
及びこれらを基盤とする関連情報システムに関する市場育成に貢献してまいります。

  • 講習会・ワークショップ
  • 第22回PCクラスタシンポジウム PCCC22「HPCシステム技術の最前線」 2022年12月5日(月)~6日(火)

PCクラスタコンソーシアム(PCCC)について

マイクロプロセッサによる並列システムであるPCクラスタは、今や科学技術計算を中心とするHPCのみならず、ビッグデータを支える大規模データ処理システム、さらにはディープラーニングなどのAIのためのプラットフォームとしても、欠くことのできない現代社会を支える情報基盤となっています。

PCクラスタコンソーシアム(PC Cluster Consortium)は、2001年の発足以来、PCクラスタ技術による高性能コンピューティングを実現する各種のオープンソースソフトウエアの普及を支援し、会員による活動を通して、PCクラスタ技術の健全なる発展に貢献してまいりました。

2020年に設立20年目を迎えた本コンソーシアムは、PCサーバ技術を基にしたHPCクラスタの構築・利用技術、およびこれらを基盤とする関連情報システムに関する市場育成に貢献することとした、新たな運営方針を策定いたしました。今年度はこの新運営方針に基づき、専門部会の再編成を行い、新たな時代に向き合う活動を展開してまいります。

今後のPCCCイベント予定

2023年

6月
PCクラスタワークショップ
12月
PCCC23(第23回PCクラスタシンポジウム)

会員からのお知らせ

2023年01月06日更新

GPU移行相談会

東京大学情報基盤センターと筑波大学計算科学研究センターが共同で運営する最先端共同HPC基盤施設(JCAHPC)では、2024年4月運用開始を目指して、Oakforest-PACSシステム(OFP)の後継機種(OFP-II)の導入を進めています。
東京大学情報基盤センターでは、OFP-IIの利用開始に向け、GPU移行に関する様々な疑問をGPU計算に実際に取り組んでいる研究者や技術者(チューター)と直接相談できる相談会を定期的にオンラインにて開催しています。2022年度の今後の開催日程は1月20日(金)、2月13日(月)、3月9日(木)となっています。詳細はHPをご覧ください。

2022年12月28日更新

公募:RIKEN International HPC Spring School 2023:Society5.0に向けて

理研 R-CCS では、Society5.0実現に向けて次代を担う国際的な視野を持った計算科学技術分野の若手研究者等の育成を目的に、並列計算機を使いこなすためのプログラミング手法を習得できるスクールを、2023年3月13~15日にハイブリッド形式で開催します。スクールでは、R-CCSの研究者が講義を行い計算機を使った演習も行います。使用言語は英語。ご興味のある方はぜひお申込みください。

2022年12月26日更新

筑波大学CCS「学際共同利用プログラム2023」の公募

筑波大学CCSでは、2023年度の「学際共同利用プログラム」の公募受付を開始しました。2023年度は、スーパーコンピュータCygnusおよびPegasus(新規)の計算機資源のおよそ50%、および東京大学が運用するWisteria/BDEC-01(Odyssey)の計算機資源のおよそ10%を、無償で利用いただける共同利用に供します。公募締切は2023年1月23日(月)24:00。詳細はHPをご覧ください。

2022年04月11日更新

東大の並列プログラミング講習会(お試しアカウント付き講習会)

東京大学情報基盤センターでは、スーパーコンピュータを用いた実習付きの並列プログラミング講習会を定期的に実施しています。講習会は無料です。
講習会の内容等、詳細はHPをご覧ください。

お知らせ