PCクラスタコンソーシアム

English

PCクラスタワークショップin京都2010

主催PCクラスタコンソーシアム
共催京都大学学術情報メディアセンター
会場キャンパスプラザ京都4F第3講義室
参加費無料
定員100名
事前登録

終了しました。

多数のご参加ありがとうございました。

開催趣旨

 科学技術の発展のためには、大規模計算科学シミュレーションが必要不可欠であり、PCクラスタは計算科学へのゲートウェイです。

 PCクラスターコンソー シアムでは、産業界、アカデミック界と連携して、計算科学へのゲートウェイであるPCクラスタの普及に努めてきております。

 本ワークショップ初日は、文部科学省「e-サイエンス実現のためのシステム統合・連携ソフトウェアの研究開発」で研究開発されているシームレス高生産・高性能プログラム環境に関するチュートリアルを、2日目は、プラットフォームなどのPCクラスタに関する最新状況に加え、京都大学をはじめとする国内センターが有するスパコンの使われ方の一例を示しながら、今後の計算科学に対する支援方法について議論します。

皆様のご来場をお待ちしております。


会場:キャンパスプラザ京都4F第3講義室

 

プログラム

2月18日(木)

  • 10:00~    受付開始
  • 10:30~10:35 オープニング
            石川 裕(PCクラスタコンソーシアム会長/東京大学)
  • 10:35~16:30 シームレス高生産・高性能プログラム環境 チュートリアル
                 文部科学省の支援による eScience プロジェクト「シームレス高生産・高性能
                 プログラム環境」は、東京大学、京都大学、筑波大学で研究開発が進められて
                 います。その成果をSCore パッケージに組込み、オープンソースとして公開し
                 ています。今回、PCクラスタワークショップの場を借りまして、成果物の実際
                 の使い方についてチュートリアルを開催いたします。
                 ご興味のある方は奮って御参加ください。
    10:35~11:00 SCore と eScience の install と設定について 発表資料
            亀山 豊久(理化学研究所)
             SCore パッケージとそれに含まれる eScience の成果のプログラムの
             インストールや
    設定について解説いたします。
    11:00~12:00 高性能並列プログラミング言語処理系 XcalableMP 発表資料
                佐藤 三久(筑波大学)
             今後の並列プログラミング言語の主流になると考えられている PGASモデルに
             基づいた
    新しい並列プログラミング言語 XcalableMP(スケーラブル・エムピー)
             について解説
    いたします
    13:00~13:45 MPI-Adapter 発表資料
                住元 真司(富士通研究所)
             「MPI のプログラムがあるんだけど違うここの MPI は違うから動かせない」
             という問題は、MPI-Adapter で解決できます。プログラムを再コンパイル
             しなくても
    違う MPI 環境で動かすことがでる MPI-Adapter について解説します。
    13:45~14:30 ファイルステージングシステムCatwalk
                堀 敦史(東京大学) 発表資料
             小規模 PC クラスタからセンター運用された大規模クラスタまで,並列ファイル
             システム
    の違いを Catwalk が吸収します。オンデマンド・ファイルステージング
             システム Catwalkについて解説します。
    14:45~15:30 高生産並列スクリプト言語 Xcrypt 発表資料
                平石 拓(京都大学)
             何度も似たようなジョブを投入する、クラスタ毎に異なるジョブスクリプトを
             書くのが面倒、
    そういった問題を解決する Xcrypt(エクスクライプト)について
                  解説します。
    15:30~16:30 自動チューニング機構付き数値ライブラリ XabcLib 発表資料
                片桐 孝洋(東京大学)、黒田 久泰(愛媛大学/東京大学)
             マシンの特性に合わせて毎回チューニングするのは多大な時間と労力が必要です。
             Xabclib
    はそんなチューニングを自動でおこなってくれる数値ライブラリです。

2月19日()

  •  9:30~    受付開始
  • 1000~10:30 SCore最新状況
            堀 敦史(PCクラスタコンソーシアム/東京大学) 発表資料
             SCore 7 のマルチコア対応の詳細と、ファイルステージングシステム Catwalkを
             紹介します。
  • 10:30~11:00 インテルHPCプラットフォームの最新動向 発表資料
            石川 達郎(インテル株式会社)
             インテルは2010年に2つの新しいHPCサーバ用プロセッサを予定しています。
             一つは4ソケット以上のサーバ用で初めてNehalemコアを用いたNehalem-EX、
             もう一つは新しい32nmのプロセスで製造されるWestmereコアです。
             これらのサーバプラットフォームについてその概要と特徴を紹介します。
  • 11:00~11:30 コンソーシアム法人正会員企業発表セッションⅠ
            富士通株式会社 久門 耕一
            「PCクラスタシステムへの富士通の取り組み」 発表資料
             富士通は、7月に理化学研究所様へNehalem CPU採用の1000ノード規模システムを納入し、
             来年3月には日本原子力研究開発機構様にはブレードサーバと内蔵QDR InfiniBandを
             用いた2000ノード規模の大規模クラスタを納入予定です。本発表では、これらの大規模
             クラスタと最新技術のご紹介を行ないます。
  • 11:30~12:10 T2K@京大とプログラム高度化共同研究 発表資料
            中島 浩(京都大学)
             稼動開始から約2年を経過した京大のT2Kオープンスパコンは、多数のユー
             グループによる活発な利用が続いている。本講演では、T2Kオープンスパ
    コンの
             導入を契機として開始した「プログラム高度化共同研究」の実施状況を
    中心に、
             京大スパコンとそれを巡る活動状況について報告する。
  • 12:10~13:30 昼休み
  • 13:30~14:10 次世代スーパーコンピュータ開発の現状 発表資料
            横川 三津夫(理化学研究所)
             理化学研究所次世代スーパーコンピュータ開発実施本部は、10ペタフロップス級の
             性能を持つスーパーコンピュータを、平成24年完成
    を目標に開発している。次世代
             スーパーコンピュータの概要及び開
    発の現状について述べる。
  • 14:20~15:20 ミニ討論会「シームレスな計算機環境を目指して」
             計算科学へのゲートウェイであるPCクラスタを使用しているユーザは、その先に、
             大学や研究機関の情報基盤センターが提供しているスパコン、さらには、
             2014年に稼働する次世代スパコンを使った大規模な研究が期待される。
             このような研究環境の支援において肝要なのは、PCクラスタや大学・研究機関の
             スパコンを使っているユーザのスムーズな移行環境である。本ミニ討論会では、
             課題を改めて浮き彫りにし、その取り組み方法について議論したい。
             司会:石川 裕(東京大学)
             登壇者:横川 三津夫(理化学研究所)
                 佐藤 三久(筑波大学)
                 中島 研吾(東京大学)
                 中島 浩(京都大学)
  • 15:20~15:50 ブレーク
  • 15:50~17:15 コンソーシアム法人正会員企業発表セッションⅡ
    15:50~16:10 株式会社アックス 竹岡 尚三
            「アックスのSCoreクラスタLinuxの取り組みなど」 発表資料
             AXEはインターネット家電や自動車に必要な基本ソフトウェア及び、サーバ技術を
             開発提供し、また、それらの開発サポート、コンサルテーションを行います。
             今回はSCoreベースの64ビットクラスタOSaxLinux雷神」とSCoreにかかわるサービスの
             ご紹介を行います。
           
    16:10~16:30 日本電気株式会社 緒方 隆盛
            「NECのPCクラスタ向け数値計算ライブラリ」 発表資料
             2009年10月にNECが公表しました数値計算ライブラリ集NumericFactoryとNECが独自に
             開発している高速四倍精度ライブラリASLQUADについて、機能概要と性能情報をご紹介
             いたします。
    16:30~16:50 株式会社日立製作所 清水 正明
            「日立のテクニカルコンピューティングへの取り組み」 発表資料
             日立製作所のテクニカルサーバおよびサーバラインナップについてお話します。
             また、ハードウェアで高品質な乱数を生成する物理乱
    数発生カードのご紹介、
             GPUコンピューティングへの取り組みをご
    紹介します。
             さらに、200911月発表の東京大学殿のT2K東大機に
    おけるLinpack再測定について
             お話します。944ノードを用いて
    101.74(前回82.98)TFlopsを達成いたしました。
    16:50~17:15 株式会社ベストシステムズ 島袋 慶悟
            「新しく発売されたPGIコンパイラ10.0について」 発表資料
             Portrand Group社から昨年12月にリリースされたPGI10.0について紹介します。
             今回のPGI10.0から、Nvidia GPU対応のアクセラレータコンパイラが正式に利用
             可能となります。その特長について説明致します。
  • 17:15~17:45 AMD最新テクノロジーアップデート-HPCへの取り組み- 発表資料
            山野 洋幸(日本AMD株式会社)
             まもなく出荷が始まる12コア(および8コア)AMD Opteron プロセッサ・Magny-Coursを中心
             とした、
    AMDの最新テクノロジーとHPCへの取り組みについてご紹介いたします。
  • 18:00~    懇親会(会費1,000円)

 

(C) Copyright 2001-2013, PC Cluster Consortium. All rights reserved.